白梅学園清修中高一貫部

校長ブログ「清修の今」

清修の今

 

「ヒューマニズムの精神の下、

   心豊かで気品のある人材、夢と希望をいだき行動する人材を育成します」

 白梅学園清修中学校・中高一貫部は、卒業時の姿を見据えながら中高校長写真.jpg

一貫の 6年間を通して少人数による女子教育を行っています。ヒューマニズムの愛と自由の理念の下に、6年間を通して少人数による女子教育を行っています。ヒューマニズムの愛と自由の理念の下に、6年間を各学年の発達段階や個人差を踏まえながら、ゆったりした学校生活の中で学力の向上と人間力を育みます。

 

 

 6年間の教育活動の柱は、「ことば」と「こころ」の教育です。「ことば」の教育では、教科間の関連付けを行いながら語彙力や論理的な思考力の向上、使える英語の習得などを重視し、大学受験はもとより、社会人として求められる「ことば」に係る力を身につけさせます。「こころ」の教育では、1年生(中1)から 6年生(高3)がともに取り組む学校行事などを通して、「思いやり」や「協調性」、「自主性」など、学校生活において、社会生活において必要とする自他を大切にしようとする「豊かなこころ」を育みます。そして、緒穏やかでありながら、しっかりした人格と気品を備え、生徒たちが歩もうとするこれからの新しい時代に対応した女性に育てるために、一人一人の生徒の教育に教職員一同で取り組みます。

 本校の徹底した少人数指導、全学級に配置した最先端の電子ボードを活用した授業、外国人講師が放課後まで寄り添う特色ある英語教育、1年生(中1)から 6年生(高3)の女子による充実した学校生活の楽しさ、等々、他校には見られない特色ある教育活動があります。このような取組の成果は、入学が難しい大学や学部への進学や大学受験浪人が少ない事につながっています。

 

 新年度のはじまり


 平成30年4月6日(金)、新年度平成30年度が始まりました。今年は桜の開花が早く、桜の木には若葉が見え始め葉桜を愛でるまでになりました。通勤途中に見えるご家庭の庭先には、花桃や林檎の花、チューリップや都わすれなどの草花が咲いています。そして、梅の木には小さな実がついていました。春から初夏に近い気候ですが、ニュースでは東京の半袖姿、青森の降雪の中のコート姿が流れていました。日によって、地域によって、まだまだ寒暖差がありますが、木々の若葉とともに何か清々しく新たなスタートに立った気持ちです。
 

 本日、教職員の着任式と平成30年度前期始業式を行いました。登校時の昇降口では、貼り出された新しいクラスと新しい教室を見て大きな声が挙がっていました。着任式では新しく着任された先生方を紹介しました。そして、2年生(中2)から6年生(高3)による前期始業式を行いました。生徒たちは、新たな心構えと目標を持って新年度を迎えたことと思います。その後に、生徒たちにとって大きな関心事である新しい学級担任等を発表しました。例年のごとく、ここで大きな歓声がおこり平成30年度前期がスタートしました。
 

 明日は第13回入学式を挙行します。新入生を迎えるために、教職員と在校生が分担して準備を進めています。明日の空模様が心配ですが、夢と目標を持って入学してくる新入生です。学園、学校関係者全員で温かく迎えたいと思います。 


 学校選びには、学習塾のアドバイスや各種の偏差値表などを参考にされると思いますが、最も大切なことは検討している学校に足を運ぶことです。6年間を過ごすことになりますから、「自分がここで、しっかりと学習できるだろうか」、「わが子はここで安定した学校生活を過ごせるだろうか」などの実際に見て確認することが重要です。小学生や中学生は、一人一人成長が異なります。その違いを踏まえて行う教育活動が必要と考えます。また、入学前の成績や想定されている偏差値と、卒業時の学力とは必ず一致しません。6年間が、どのような学校生活になるのか、どのような学習活動に取り組むのかで大きく変わります。ぜひ、本校にお越しいただき、このような視点から女子の少人数教育を見ていただければ、白梅学園清修中学校・中高一貫部の教育活動をご理解いただけると思います。

 

平成 30年 4月 6日(金)

学校長 硲 茂樹                       

 

 

 

 

 

 

 


pagetop