白梅学園清修中高一貫部

個人情報保護規程

白梅学園個人情報保護規程

 

 白梅学園の創設の理念「ヒューマニズム」に基づき、人間を愛し、人間の価値を最高度に実現しようとするという学園の個人情報保護に対する基本的姿勢を明らかにするとともに、個人情報保護に関する法律に対応した「白梅学園個人情報保護規程」を制定いたしました。

 

白梅学園個人情報保護基本方針

 

 白梅学園(以下、「学園」といいます。)は、学園建学の精神である「ヒューマニズム」の理念に基づき、学園に在籍する学生・生徒、園児、教職員その他の 個人の人格を尊重するという見地から、個人の人格の尊厳に由来するプライバシーを擁護し、加えて個人情報の保護に関する法律(以下、「個人情報保護法」と いいます。)が定める個人情報を適正に取り扱うため、本基本方針を定めます。


 学園は、個人情報保護法および関係諸法令に定められた内容を遵守することはもとより、個人の人格尊重の理念に基づき適正と考えられる方法で個人に関する情報を取り扱います。


 また、教職員その他学園の業務に従事する者は、個人に関する情報を適正に取り扱うことが個人の人格尊重の理念に由来するものであることを強く自覚し、個 人に関する情報の取扱いに当たっては、個人情報保護法および関係諸法令、ならびに学園が定める諸規則を遵守するものとします。

 

上記に基づき、学園は以下の取り組みを行います。

 

  1. 個人情報の利用と安全管理

     学園は、教育、研究その他学園が行う諸事業を遂行するに当たり、利用目的をできる限り特定し、その利用目的の達成に必要な限度 で個人情報を適正に運用し、諸事業の円滑な遂行に当たるとともに、学園が提供する各種のサービスをより充実したものとします。

      学園が取得した個人情報に ついては、その安全管理のために必要かつ適切な組織的、物理的ないし技術的な措置を講じます。教職員その他学園の業務に従事す る者にこれを取り扱わせるに当たっては、その安全管理が図られるよう、当該従業者に対して必要かつ適切な監督を行います。

  2. 個人情報保護規程の制定

     学園は、個人情報を適正に取り扱うため、以下のとおり、個人情報を保護するための組織・体制を整備します。

(1)  学園は、理事長を個人情報保護統括管理責任者と定めます。
(2)  学園は、個人情報の保護に関わる重要事項等について審議するため、「個人情報保護委員会」を設置し、今後発生することが予想される諸問題に適切に対応します。
(3)  学園は、<1>白梅学園大学学長、<2>白梅学園短期大学学長、<3>白梅学園高等学校校 長、<4>白梅学園清修中学校校長、<5>白梅幼稚園園長および<6>法人事務局長を「個人情報保護部門責任者」と 定め、それぞれ所管する業務の範囲内における個人情報について、学園に代わって事務を処理することとします。

 

2005年 6月 1日

 

個人情報取扱い事業者の氏名または名称

 

学校法人: 白梅学園
理事長: 小松 隆二
住所: 東京都小平市小川町1-830

 

pagetop