白梅学園清修中高一貫部

学校経営方針

清修の教育の目標

 

 清修は、気品とフロンティア精神を兼ね備えた女性を育てることを教育理念としています。

そのために、建学の精神である生徒一人ひとりに備わっている才能・特徴を発見し最大限に伸ばす教育を目指しています。

 

これからの時代を生きる生徒たちに求められる「気品とフロンティア精神」とは、 

■「気品」ある女性とは、「やさしさや思いやりの中にも、確固たる考えや生きる姿勢をもつ」 

■「フロンティア精神」とは、「社会とかかわりながら、自らの人生を創造する」 

 

清修の教育方針(カリキュラム・ポリシー)

 確かな学力・豊かな人間性の育成と、変化する社会に主体的に対応し得る能力・創造性を養うことを教育方針とし、その実現のためにカリキュラムを編成します。

 

清修のめざす生徒像(ディプロマ・ポリシー)

 探究的な学びから課題解決力を身に付け、主体的に自らの進路や未来を切り拓く力と豊かな人間性を備えた資質・能力の育成を目指します。

 

 

 

女子校の魅力とは (女子校の使命)

 

 女子教育の意義

 女子教育は、これからの日本の社会の発展に重要な意義があると考えます。男性優位の考えがまだまだ日本の社会の中には存在します。男女関係なく、一人一人の能力が最大限に発揮できる社会の実現を願っています。ジェンダーに関わるアンコンシャス・バイアス(無意識の中の偏見)にとらわれることなく、自らの考えをもって主体的に行動できる女性の育成を目指します。そのために本校の育成プログラムにある「リーダーシップ研修」を通して、生徒のよさや可能性を発揮させる取り組みを行っています。

 

   あこがれの先輩とともに

 昨年度の新型コロナ禍で、生徒がリーダーシップを発揮する主要な学校行事が中止や延期される中、学校説明会の運営には生徒会が一体となって取り組みました。そこでは異学年交流を通して、お手本となる先輩の姿に「あの人のようになりたい」というロールモデル(あこがれ)を意識して、その影響を受けながら活動できました。

 同じ校舎内で、中学生から高校生までが共に学校生活を送り、異年齢集団の活動が多くあることから、あこがれの先輩を追って、前向きに生活できる、これも清修の魅力です。 

 

 

「中高6年の内に自分の未来像持たせたい」…白梅清修

   ↑ クリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop