白梅学園清修中高一貫部

TOPICS

4年生 5000字論文 中間発表

清修の4年生(高校1年生)は、1年間をかけて「5000字論文」に取り組みます。

生徒ひとり一人に担当の先生がついて、二人三脚で完成を目指します。

論文のテーマは、自分の趣味に関するものや希望進路に関するもの、

あるいは関心のある社会問題などから見つけています。

 

毎年3月には白梅学園大学の先生にもご覧いただき、優秀な作品は表彰も行われます。

昨年度は「難民問題の解決」「現代の和色」「地球温暖化と感染症の関係」

をテーマにした論文が高い評価をいただきました。

 

清修では毎朝25分間を「総合的な探究の時間」とし、この時間にパソコンを使って原稿を作成したり、

参考文献を読んだり、論文の完成に向けて日々取り組んでいます。

この時期は「中間発表」と題し、ここまでの進捗状況をクラスメイトの前で発表します。

 

CIMG4855.JPGDSCF0542.JPG

 

 

「5000字論文の経験が、大学に入ってからも大きく役立った」と語る卒業生も多いほど、5000字論文は清修生の成長に大きく関わっています。

 

 

***************************************************************************************************

 

 

 

【次回学校説明会のご案内】

 

 

 

10/16(土)14:00~ 第7回学校説明会

 

 

 

来校型で行います。

 

 

 

 

 

 

 第7回のテーマは、清修フェスタ(文化祭)

 

 

 

 

 

 

2部では、清修フェスタの飾りを清修生と一緒に作ります。
作った作品は実際に飾り付けしますので、清修フェスタ当日に見に来てくださいね。

 

 

 

 

 

 

新型コロナウィルス感染拡大状況を鑑み、オンラインでの実施に変更する場合がございます。

 

 

 

清修のHPでご確認ください。

 

 

 

 

 

 

お申し込みはこちら

 

 

 

pagetop