白梅学園清修中高一貫部

杏林大学 進学(2022年卒)

R.Tさん <第11期生(2022年3月卒業)>

 

一人同級生、先輩、後輩、先生方。支えてくれる人たちがいたから、どんなことにも挑戦できました。

 

進学先OG_谷野さん_DSC_0187.jpg

保健学部看護学科 看護養護教育学専攻 1年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生のときに参加した学校説明会が清修との出会いでした。明るい校舎、先生方のあたたかな対応、生徒たちによる学校案内。子ども心に、絶対ここに入りたい!と憧れを抱きました。そして入学してもっと好きになりました。清修は、みんなで同じ目標に向かって取り組むことが多く、自然と信頼関係が深まります。ダンスコンテストではみんなで楽曲を決め早朝に集まって練習します。学年を越えて仲が良く、中学の生徒が高校生に気軽に話を聞きに行くのも当たり前の風景です。各自テーマを決め作成する高1の恒例行事「5000字論文」、私は「認知症の高齢者が安心して暮らせる社会」をテーマに取り上げ、先輩にもアドバイスをもらいながら取り組みました。5000字論文は、国語を始めすべての教科の理解力、取材力、プレゼン力などが試される機会です。先輩や先生方から励まされながら充実した論文にまとめあげることができ、最優秀賞・理事長賞
を受賞しました。行事も勉強も課外活動も、すべてが自信につながる体験でした。その自信を糧に、今将来に向けて大学で学んでいます。目標は、清修の先生方のようにあたたかく支えて勇気を与える看護師になることです。

 

卒業生インタビュー

進学実績

pagetop