白梅学園清修中高一貫部

英語教育

英語教育

 

english01.jpg受験科目としての英語の「得点力」のみを目指すのではなく

" 英語で吸収できる力"と" 英語で発信できる力"となる" 英語総合運用能力"の獲得を達成します。

 

授業内での空間にとどまらず、放課後のフォロー学習や家庭学習、他教科や学校行事と関連づけながら、卒業後も実社会で通用する力を養成します。

 

清修の英語教育の特徴

 

① All English の授業の徹底

入学時より、ネイティブ教員による英語授業が行われており、少人数クラスであるために一人ひとりが発言する機会が多く与えられています。特に、ListeningおよびSpeaking力の強化に焦点を当てています。また、AT(定期テスト)には、Speakingテストもあり、ネイティブ教員によるインタビュー形式のものと、クラスメイトの前で発表するプレゼンテーション形式の両方を実施しています。

 

② 放課後のフォローアップ体制

放課後も音読練習や会話練習をできる体制が整っています。授業で取り組んだ表現を使ったり、海外研修の事前学習として、多くの清修生が放課後の時間を使って英語学習に取り組んでいます。

 

③ 英検およびGTEC for Studentsによる英語総合運用能力の測定

英検の積極的な受験はもちろんのこと、全学年でGTEC for Studentsを実施しています。AT(定期テスト)だけではなく、さまざまな外部試験を積極的に実施することで、多角的な視点で、個々の英語能力を測ることで、英語学習のさらなる動機づけにしています。

 

図表英語教育の流れ.png

英語教育の主な活動行事

英語宿泊研修

中学1年生から3年生で実施している、英語宿泊研修。学校内の授業とは異なり、全て英語漬けの1泊2日を過ごしま す。中学1年生では、英語学習の導入期として、「英語を楽しむ」感覚を身につけ、日頃の英語授業も、楽しく英語を学べるようにします。中学2年生では、英 国研修の事前学習の一環として、「自分のことを表現する」ことを目標とし、英語研修の状況を想定した表現を集中的に学びます。中学3年生では、3年間の英 語学習の集大成として、「さまざまな話題に関して表現する」ことを目的とし、次年度のカナダ研修につなげます。

English Expo

中学1年生から3年生が、各学年で学んだ英語の成果発表の場です。スピーチやスキット(寸劇) 、パワーポイントを使用したグループプレゼンテーションなど、発表形式は多岐にわたります。一人ひとりが英語の学びを発表する機械となっています。

 

英国研修

中学2年生の7月に2週間の英語サマープログラムに参加します。このプログラムは、ロンドン近郊にある学校の寮に滞在しながら、他国の生徒と一緒に英語を学んだり、スポーツなどを含むアクティビティーに参加します。入学後からの英語を試すことで語学力の向上を目的とするだけではなく、親元から離れた生活になるので、自主・自立・自律の精神や主体性・積極性を育むことも目的となっています。

 

カナダ語学研修

4年生(高校1年生) の5月に2週間の語学研修をカナダで実施します。英国研修とは異なり、ホームスティをしながら、現地の学校で英語を集中的に学びます。また、カナダの文化やキャリア教育に関するアクティビティを実施することで、「本物」の生活を実体験します。

pagetop